慣れてきたら食べられないことが気にならなくなりました

以前自分は身長167cmウェイト60kgでしたが、低糖分減量を行うことによりウェイトを7kg減らすことができました。今回は低糖分減量の状況についてお伝えしたいと思います。

一旦、そもそもなんで体躯に脂肪がついてしまうのか。糖分をとると、体内でブドウ糖として小腸から理解されます。

そのブドウ糖はインスリンの勤めにより肝臓や筋肉におけるグリコーゲンに導入され、グリコーゲンがいっぱいになると脂肪細胞に取り込まれ、太っていきます。但し脂質やタンパク質はインスリンがshareされず、脂肪細胞に活力が取り込まれないということです。つまり、タンパク質や脂質を摂取する場合は太らないということです。

そのことを知った自分は、極力炭水化物を取らないディナーを心がけました。朝はパンを辞めて卵やウィンナーなどを食するようにする、くだものは食べないようにする、米国を減らして豆腐を摂るようにする、飲料やコーヒーを飲まず水やお茶を飲み込むようにするなどです。また低糖分のレシピ本を購入し、どの種に何の根底が入っているか、どんな低糖分ディナーがあるかを調べてディナーを行うようになりました。

ちなみに召し上がるかさのスペシャルは行っていません。豊富まで摂るようにしていました。初めはめし、パン、麺が食べられずきつい気をしましたが、慣れてきたら食べられないことが気にならなくなりました。

結果は、半年で5kg痩せ1ご時世で7kgやせることができました。今は減量を通じていた時と比べて糖分を売ることが増えましたが、ウェイトが55kgから目立ちたら糖分を制限するようにしたところ、安定して55kg以下のウェイトを保つことができております。運動してウェイトをやせる事から簡単ですので、善悪客も試してみてはいかがでしょうか。すっぽん小町

コメントを残す

2017年1月1日

Posted In: 未分類

Leave a Comment