ディナーときの白米をゼロにしました

我らが太って仕舞う原因はいたって単純なものです。使用カロリーといった投薬カロリーを比較したときに、摂取したもののほうが多ければ、上述は体内に蓄積されて脂肪となるのです。

ですので私の場合は普段から、こういう「カロリー」を意識した生活を送っている。具体的には、どれくらいのものが100キロカロリーであるのかを敢然と頭に入れて、過剰なカロリー投薬を防いでいるのです。

投薬カロリーとなる献立について言えば、白米だと小さめの茶碗に甘く1食卓で約100キロカロリーだ。卵なら1個。おっぱいならコップに1杯。油なら大さじ1弱。アイスクリームならカップなかば。これらはそれぞれが約100キロカロリーだ。

使用カロリーだと、散歩ならだいたい30当たりで約100キロカロリー。入浴なら40当たり。内勤なら80当たり。階段を上がるのなら15当たり。これらを行えば、100キロカロリーを消費することができます。

このようなことを頭に入れておくと、「今日は食後にアイスクリームをカップなかば食べたから、100キロカロリー余計に摂取しちゃったな。

けれども散歩を30当たりすればストップに望める!」などと考えながら生活することができるのです。だんだんと慣れてきたので、今では一年中当たり200キロカロリーを燃やすことを目標にしている。

投薬カロリーを燃やすのと使用カロリーを繰り返すのと、両者を結び付けながら合計で200キロカロリーになるように心掛けている。因みに前日は、散歩を30当たりして、ディナーときの白米をゼロにしました。

散歩30当たりで100キロカロリーの使用。白米をゼロとして投薬カロリーを100キロカロリー切り詰めました。これで200キロカロリー減らしたことになります。「後続は技能なり」といいますから、これからも続けていきたいだ。女性育毛剤

コメントを残す

2016年11月8日

Posted In: 未分類

Leave a Comment