ラグビー選手という肉体でした

昔、ハワイに行ったときのことです。
朝から最高の空模様に恵まれたこちらは、朝からワイキキビーチ沿いを散歩していました。
コナコーヒーを買い、色眼鏡をかけて歩いているという、何だかみんなたちが・・・
ムキムキのシックスプランを有する裸の夫たち、薄着のブロンドヘアー美女が走ってくる。
その頭数には圧倒されてしまいました。
時間はいまだに昼前5内だというのに、後ろから引き続き続々とやってくる。
シグナル保留をしている男性に少々言及を聞いた店頭、
ハワイの中心部に住むビリオネアの人々は、午前あなた走り回るそうなのです。
というのもアメリカの検査費は非常に大きいそうで、健康には自分たち自身で気をつけて生きていかねばならないのです。
奴らハワイのホノルルに住めるようなお金持ちの人々は、自らなく、
店舗や務めにとっても非常に重要なプラスな筈。
それをちゃんとわかっている奴らは、自分たちで自分の健康管理を行っているのです。
そのことを聞いたこちらは興味を持ち、具体的にどんな生活を送っているのか聞いてみました。
ありがたく答えてくれたのはシックスプランもちの32年のゴリゴリの色男。ラグビー選手という肉体でした。
彼は朝晩の2回、それをウィークに3回の計6回をどうしても走り回るそうです。
加えてプールでの養成をウィークに2回、日毎プロテインを飲んでのやりくりを続けているそうです。
そこまでしないと痩せない、健康になれないというのなら、
そんなことしなくてよくない?としてしまったこちらですが、随分考えればそれは間違いかと・・・
日本ではポッチャリ、糖尿病気などの暮らし病気など自然になってきましたが、それ自体が間違い。
それは自然になってはいけないことなのです。
奴らのようにでは病にならない人体リサーチが重要なのです。
日本で痩身といえば、メニューを抜くですとか、サプリメントを呑むだとか。
ハワイでの触れ合いにおいて、ボディーは自分で作るものだといった実感しました!ボリュームのでなくて悩んでいるなら

コメントを残す

2016年10月31日

Posted In: 未分類

Leave a Comment