必然的にミールを早めに片付けるようになりました

現時点31年、164センチの60移動な私、本当は1ヶ月前まで+10移動の70移動というおデブ氏でした!

当然今も痩せているとは言えませんが、1ヶ月で−10移動は強敵のものではないでしょうか?
そうして、なんと言っても現時点プロセス形で体重が落ち続けているのです。

1ヶ月で−10移動減量したと言うと大抵の場合は、
「それは不健康な痩せヤツです」「必要体に酷い」
そんなふうに言われてしまう。

けど身は会話を大として言いたいだ。
「現時点、私の条件は最良ですー!!」といった。

さて、本題に入りましょう。
70移動もあった身が、どうして1ヶ月で−10移動の減量に成功したのか。

それはまったく簡単な統制を4つだけ続ける事態でした。
それ以外はお酒を飲もうが天ぷらを食べようがOK。

では、身が決めた4つの簡単な統制をご紹介します!
1)飯は必ず胴八パイ
2)毎食本当に生野菜を取り去る
3)夕御飯は20状態迄に終わらす
4)寝る前のユルいストレッチング

これだけだ!
ひとつずつ説明していきますね。

1)飯はしっかり胴八パイ・・・これは、ことごとく守っていました。
最初は物足りなく感じていましたが、毎食守っていれば3お日様後には逆に満腹が心労に感じてくるんです!

とことん考えると今までの身は腹が減ったからと言うから、時間だからとか食べたいから、なんていう理由で食事をしていた事に気持ちづけました。

2)毎食しっかり生野菜をとる・・・身は独身なので、生野菜を買って自宅でサラダを定めるという事は殆どしません。
でも胴八パイを通して週ぐらい経ったある日、必ず生野菜を体が欲し始めたのです。

その足でコンビニエンスストアに寄り袋入りのサラダを買ってむしゃむしゃ食べました。それ以来毎食こういう日課は続けてある。

3)夕御飯は20状態迄に終わらす・・・これは、体が自然にというか胴八パイ生活をしていると腹の中に何かある条件というのが極めてがたく感じてくるんです。
空腹のほうが心も体も冴える感じがしてくるんです。

なので、腹のものが理解出来てないうちは寝付けないので必然的にミールを早めに片付けるようになりました。

4)寝る前のユルいストレッチング・・・こいつ、笑ってしまうほどじりじりおおまかストレッチングなので効果の近くは分かりませんが、通常体を触ったり姿を気にする時間を多少なりとも取る。というのが私的には合っていたんだと思います。

上記の4つの統制での減量は、誰にでも当たるためはないかも知れませんが、めんどくさがりな私でもできたほんの少しの意識なので正邪オススメしたいだ。

あとは深夜にお酒も飲チチガ
んでいたし、行動なんて全般しませんでした。

コメントを残す

2016年10月30日

Posted In: 未分類

Leave a Comment