人工歯根をあごの骨に埋め込む手術

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。

他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラントは最適です。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。

そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているケースもあり得るのです。

そのようなケースでは、放っておかずに診察を受けてください。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療の成否を分けます。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的に治療をすすめていくので納得した上で治療を始められます。

治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、デメリットも知った上で選択してください。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。

ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。

コメントを残す

2015年11月17日

Posted In: 未分類

Leave a Comment